全てのビジネスにデジタル化のきっかけを

特集

【DX推進人】㈱IT経営ワークス 本間卓哉氏 #2




本特集ではDXの推進に携わる今熱い人を追う。第2回では本間卓哉氏が考える業務DXとは何かについて伺った。


第1回はこちら【DX推進人】㈱IT経営ワークス 本間卓哉氏 #1


重要な要素は企業内のマインドセット。変革には経営者の意思表示が必要。


撮影場所: IT顧問化協会Air-Era/写真撮影: Hisabori Shunsuke


ーDX推進に取り組む企業ではそもそもどのような課題が多いのでしょうか?


多種多様ですね。一言で言い表しにくいのですが課題としてきちんと取り上げている企業と、上っ面だけ聞いてそのままにしている企業というところがあると思っています。これは二極化していると感じます。


課題として取り組んでいる企業でも、やはりアナログ処理からの脱却に課題を抱えているケースはまだまだ多いと感じます。単にアナログをデジタル化すれば解決するような問題だけではありません。結局はシステムの入れ替えというよりも、企業内のマインドセットみたいなところに取り組んでいくことが必要になります何のために変える必要性があるのか、変えたらどのような結果が得られるのか等、そういうところのマインド形成やマインドを変える取り組みから入るケースは多いですね。そのためには社内だけでは難しいというようなご相談が寄せられています。


ーそういった相談は経営者や経営幹部から寄せられるのでしょうか?


そもそも、企業が変革に取り組むときはトップダウンでなければ変わらないと私は考えています。現場からボトムアップして変わることはまずないですね。なぜかというと経営側の意思決定がないと現場は正しいかどうかの判断がつきません。何をどのように変革するのか経営側が意思表示を明確にしない限り何も変わりません。意思表示をした上で初めて動けるメンバーがいるので、まず第一に経営側に変わる意志があるかどうかがポイントになります。経営者から直接相談がこない場合も、経営側がDXに向けた意思表示をし、デジタル推進室やDXプロジェクトが形成されている場合が多いです。ただ自分たちだけでは何から手を付ければ良いかがわからない、というような相談も少なくありません。他にも自社内で取り組みはじめたものの、実際には何も変えられなかったから外部の手を借りようというケースでの相談もあります



DXは「業績を上げる」ための手段であり、変わり続けられる体制をつくること





ー本間さんが考えるDXとはどのようなものなのでしょうか?


私は、業務DXは「業績を上げる」ための手段だと考えています。具体的に業績を上げるためにデジタルを活用する取り組みが必要だと思います。なので目的が「楽になる」ためのものではありません。企業活動において、IT投資をする以上、経営側は投資対効果を追っていくべきだと考えています。そのときの効果が、システムを導入してすぐにそのシステムが売上をあげるわけではなくても、それを入れたことによって余計な作業が軽減され、営業活動にリソースを割くことができる。あるいは営業支援、営業管理(CRM、SFA)等のデータの活用によって、的確な経営判断や最適な営業活動ができ、結果的に業績が上げられるということが求められます。逆に言えば、DXしなくても業績が上がっていたら別に取り組む必要はないかもしれません。

もう一つの視点でお話すると、DXは「変わり続けられる体制作り」だと思っています。時代の流れはこれからもまだまだ加速していくので、時代や世の中の変化に合わせて、変わり続けられる、変化し続けられる業務システムを整えていく必要があるのではないでしょうか。


ーこれから企業がDXに取り組む上で注意すべき点があれば教えてください


まずは「今の状況を正しく知ってください」というところですね。As-Is を考えるべきところが、As-IsではなくTo-Beだけを追っかけているケースはとても多いです。現状が把握できていなければ具体的にどのように変えていけば良いかが見えてきません。まず今を知るという事に取り組むべきだと思います。今を知ることに関して、部分的に知っている場合がとても多いです。例えば、「A部門はBというシステムを使いこなしています」といったように把握していても、会社全体の現状を正しく把握できているケースは少ないです。部分最適化になってしまったらそれはDXではありません。いわば業務全体がスムーズになり、データが繋がって、蓄積されていく、こういうところが求めらます。なので特定の部門だけで走っても意味がないと私は考えています。

変わるための動機付けが味方を増やす


撮影場所: IT顧問化協会Air-Era/写真撮影: Hisabori Shunsuke



ー効果的なDX推進に必要なことはどのようなことでしょうか?


とにかくチャレンジすることが大切ですが、一番大切なことは変わるための動機付けだと考えています。

DX推進における五つの障壁があります。

出典:ZDNet Japan /DXマネジメントオフィス入門 DXの全社推進を阻害する5つの障壁 /2022/2/14/塩野拓 氏(KPMGコンサルティング)



その障壁を突破するためには社内のメンバーの中から少しずつ味方を増やしていく必要があります。味方を増やすためには変わるための動機付けが重要です。これを正しく行わないと味方になってもらえません。

例えば、勤怠管理システムを導入していない会社での勤怠管理システム導入は、勤怠管理の集計を行っている人にとっては脅威になる可能性があります。「私の仕事がなくなるんじゃないか」というようにですね。そういったケースでは先回りして正しい動機付けが必要です。


毎月集計業務に追われている人にとって、いきなり、「この仕事は自動化できるよね」と単に自動化を推奨するのではなく、その仕事が自動化されることによって、次はどんなポジションにステップアップできるかを示すことが大切です。勤怠管理を手集計している担当者に「この作業が好きですか?」と尋ねると、実際は好きじゃない人が多くいると思います。煩わしい手作業の業務ではなく、今後はクリエイティブな業務(総務などで言えば、人事寄りの業務や採用関連の業務)に注力してもらうために自動化できる部分は自動化をしていきましょう、というような動機付けやケアをし、その先々のポジションをきちんと示して伝えることが必要です。その上で、「今やっている業務って、大変でしょう?」というと、「そうなんです。大変なんですよ、面倒くさいんですよ」と共感が得られるケースは多くあります伝え方次第で全然人の動きが変わるので、いかに味方につけて推進するかが鍵になると思います。変えるためには味方を増やしていくしかありません。


ー味方を増やさないとムーブメントが起きないってことですね。


起こらないですね。なぜかというと結局、システムを使うのは現場の方になるので、現場の方が変えたくないとなると、もうその先には進みません。だから正しい動機形成が絶対必要だと感じています



【DX推進人】㈱IT経営ワークス 本間卓哉氏 #3へ続く

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。